不妊と体の冷えの関係

不妊と体の冷え

妊娠と冷えとの関係

男性より女性には冷え性の方が多いですね。昔から体が冷えると妊娠しないといわれています。特に寒い季節には手足を中心に、非常に体が冷えやすくなります。

 

当然ながら、この冷えが体調を崩す原因にもなるのです。 なぜ、体が冷えることが妊娠しにくくなるのか。

 

これは身体が冷えると免疫が落ちてきます。そのため、体調を崩し、風邪をひきやすくなりますし、妊娠に必要な血流がどうしても悪くなり、滞りやすくなってしまいます。これが大きく影響します。

 

妊娠と血行

体を温める

このことは信頼できる情報として国立循環器病センターの研究グループが心臓機能の改善効果の症例を発表しています。たとえば、

 

足湯の使用足には太い血管が通っているので、足湯を利用して足を暖めるだけでも全身を温めることができる利点があります。

 

その効果は足湯によって体の深部にあたたかさが浸透し、温度が上がって末梢血管の血流がスムーズになること。心臓の血液の送る器官の負担が軽減する、一定の効果が認められたと言っています。

 

入浴で体を温める

入浴することにより、リラックス効果と発汗作用。

いろいろな入浴剤がありますので効果的なものを選びたいですね。

そして身体を温める効果が期待できます。

 

入浴剤の利用も身体を温める効果を上げます。また最近、経皮毒の話もあるので出来れば自然派の入浴剤をうまく活用したいところです。また、アロマオイルなども使うと効果が期待できそうです。

 

バランスの摂れた食事

食事って実はとても身体の免疫機能や体温調節と深い関係にあるのは皆さんもお分かりだと思います。

 

当然ながら栄養のある温かいバランスのとれた食事を摂ることは重要ですね。

食事すると身体が熱くなったり、場合によっては汗までかきますよね。

 

これは食事をすると身体の褐色細胞が活性化するため、と言われています。

身体の免疫細胞が活性化することにも結びつき、妊娠は食事が大切です。

 

 

妊娠と体を温める工夫

寒い季節にはいろいろ工夫して体を温めるということを意識したいですね。それで風邪やインフルエンザも防げて、妊娠しやすい体質になれば健康で、安いものだと思えればいいのかなと思います。

 

冷え性の方は寝る時にもなかなか体が温まらずに、寝つきが悪いとよく聞きます。

暖かく就寝する工夫はしていますか?冷え性と言いつつも、今、エコと言われている湯たんぽなど、ふとんにはいる前に乾燥機で暖めることもしていないし、電気毛布も入れていないと言う方が多いですね。